事業所での取り組み

 

《資質の向上》

1.働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修。中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援

2.研修計画を基に、月1回の研修会等を実施

3.報告・連絡・相談を密に取りやすくするため、連絡システムを導入

 

《労働環境・処遇改善》

1.介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護ロボットやリフト等の介護機器等導入

2.事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化

3.健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備

 

《その他》

1.質の高いサービスの提供を行うため、介護福祉士を取得したサービス提供責任者が業務管理

2.職員の増員による業務負担の軽減

 

 

 

 654.PNG